BMW Z8 真っ赤なボディーが似合います ガラスコーティング (E52)

こんばんは

東京 世田谷、カービューティープロ ブルーボトルの境でございます

今日の施工写真は、BMW Z8(E52)ガラスコーティングです。

コンセプトモデル「Z07」の量産型として1999年に発表、日本では2000年5月に発売されました。

2003年までに、5,703台が生産され1999年公開の映画 007 ワールド イズ ノット イナフ のボンドカーに使用されるという経歴のある車です。

2シーターの間にZ8のエンブレムが。。。

フロントフェンダーのサイドダクトはウィンカーも装着されてネオン管の光とともに専用設計された贅沢な車である事を物語ります。

ホイールもスポーティーな5スポークです、力強いデザインはV8・5L・400PSのハイポワーと50Kg/m オーバーのビックトルクをしっかりと路面に伝えてくれます。

インテリアの仕上がりも極上でセンターに配置されたピアノブラックのメーターパネルはシビレますね

色鮮やかで真っ赤なボディーが印象的でした.

これからも大切に安全運転で快適なカーライフをお楽しみくださいませ

この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。