カワサキ Z400FX レストア 日記 第十章 シリンダーヘッド組み付け&Mさん号、パワーアップ編

カワサキ Z400FX レストア 日記 第十章 シリンダーヘッド組み付け&Mさん号FX、パワーアップ!編です。

先日、カワサキライダーのMさんとIさんに塗装して頂いたエンジンはシリンダーヘッドの組み付けに入ります!

師匠のプライベートガレージにて(秘密基地?)師匠にお手本を見せてもらい指導してもらった通りにタコ棒とバルブコンパウンドを使い作業を進めましたがなかなか師匠のお手本通りには行きません・・・はいとも簡単に「こんなんでいいんだよ!」と言いながら作業しますがその技術と経験値はマネの出来る事ではありません

バラされたシリンダーヘッドのパーツ類です、訳も分からず作業を進めて行くうちに師匠の言う事も何となく分かってきましたがまだ序の口といった所でしょうか。。。

バルブが組み付けられていきます

ちなみにインテーク&エキゾースト共にバルブスプリングのテーパーピッチが狭い方が下側に組み付けられます、今回はバルブステムのオイルシールを忘れたためここで作業終了になります

当日、先輩カワサキライダーのMさんのエンジンのチューニングですビックボア&ハイコンプピストンの組み付けの為朝から作業中です

バラされたパーツたち

当時物の集合管がカッチョィーです

今回のチューニングの為CRキャブレターを装着ノーマルエンジンに装着するだけで「全然違うよ~!」ポン!付けでもCRキャブレターは相当な威力を発揮するみたいですね!

バラされたシリンダーヘッドはGPZ400Fの純正カムが組み付けられます

GPZ400Fのシリンダーにビックボアのスリープがブチ込まれています!クランクケースからシリンダーヘッドに向けて空冷のフィンがテーパー上に大きくなっていますね!GPZ400Fの空冷フィンは角の部分がエッヂが角張っていますがZ400FXのシリンダーの空冷フィンみたいにMさんが丸みを付けました!

このシリンダーは以前師匠が使っていたシリンダーでFXにポン付け出来ていたみたいですが、MさんのFXは1型でクランクケースの形状が違っていてポン付けとは行きませんでした、そこでクランクケースをドリルを使ってプライベートボーリング!

この時点ではまだ「すぐ終わるでしょ!」的な感覚でしたが、結局4時間のタイムロスとなってしまいました!そして私の組んだMさんのシリンダーヘッドはインナーシムを2枚重ねてしまうトラップを掛けてしまい・・・さらにタイムロス。。。

当然バルブとてんこ盛りピストンはゴッツンコしてしまいます、原因を解決出来て次のステップに作業が進んだ状況で私はタイムアウトで帰宅。。。
最後は残った人達で夜中の2時まで作業をしていたみたいですお疲れ様でした!