アストン マーチン DB9 ガラスコーティング 太陽の神の象徴

こんばんは
今朝の朝食のデザートはチチヤス ヨーグルトでした!何だかとっても懐かしい味がしました~♪

アストンマーチン DB9 ヴォランテ モーニング フロスト ガラスコーティングです。

20121129-astonmartin-db9-01伝統のフロントグリルはアストンマーチンのアイデンティティですね!

 

20121129-astonmartin-db9-13DB9はDB7の後継車種であり、車両サイズではV8ヴァンテージとV12ヴァンキッシュの中間に位置します。 

 

20121129-astonmartin-db9-02V型12気筒DOHC 5.9Lのエンジンは470bhp/600Nmを発生します。

 

20121129-astonmartin-db9-03
DB9の技術的ハイライトは、アルミ押し出し材を主体とし、プレスまたは鋳造したアルミ部材、さらには複合素材、マグネシウム材を使用し、アストンマーチン独自のボンド接着アルミスペースフレームのVHプラットフォーム(Vertical Horizontal Platform)を採用したことにより、車体の軽量化と高いボディ剛性を実現している。

 

20121129-astonmartin-db9-07ボディーラインを崩さないようにボディーに隠されたドアハンドルを引いてドアを開けます

 

20121129-astonmartin-db9-05他のアストンも同様ですがタコメーターの針が反時計回りに動きます、慣れないと何か不思議な感覚です。

 

20121129-astonmartin-db9-04

トルコンの変速はセンターコンソール上部のボタンかステアリングのパドルで行います、従来のようなシフトレバーがないのが特徴的ですね。

 

 

20121129-astonmartin-db9-10外観は上品なモーニングフロスト(パールホワイト)が印象的です、パールの粒子が非常に細かく一見ソリッドカラーと見間違えそうです。

 

20121129-astonmartin-db9-06アストンマーチンのエンブレムは、古代エジプトで太陽の神の象徴とされたスカラベの羽がモチーフとなっています。

20121129-astonmartin-db9-09空力がよさそうで・・・ヘッドライトのデザインや

 

20121129-astonmartin-db9-08ドアミラーもそれぞれスタイリッシュで格好いいですね~

 

20121129-astonmartin-db9-11サイドダクトやウィンカーもデザインが抜群です、適正な箇所に最適な素材を使っているからこそ生まれるプレミアム感は、イギリス車ならではですね!

 

20121129-astonmartin-db9-1419インチ・アルミホイールは迫力があるだけではなくデザインもいいですね~、ブレーキはフロント 355mm、リア330mm の大径ベンチレーテッドディスクにモノブロックの 4 ピストンキャリパーでハイパワーを受け止めてくれます、もちろんホイールもコーティング済みです

 

20121129-astonmartin-db9-12一つ一つ使っているパーツやデザインの融合はまさに「走る芸術品」です、これからも大切に安全運転で快適なカーライフをお楽しみくださいませ、

この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。

アストン マーチン DB9 ガラスコーティング 太陽の神の象徴” への1件のコメント

コメントは受け付けていません。