クォーターパネルの再塗装ボカシ目は?アバルト 595 ガラスコーティング

投稿日: カテゴリー: ABARTHガラスコーティングコーティング
Pocket

アクシデントによりフロントガラスを交換した アバルト 595さんは実はリアクォーターパネルを擦られ再塗装されました、相手方の保険アジャスターとの交渉にしっかりと治してもらう為の打ち合わせをオーナー様とさせて頂きディーラーとも相談し補修作業に入ります。

クォーターパネルの補修はどこで塗装をボカすのかが一番問題なんです、仕上がってきた時はキレイでも時間とともにボカシ目は目立ってきます

Cピラーの一番細い所でボカされたり

 

サイドルーフでボカされたりこれらの部分は目線の位置なのでボカシ目一発で分かります

 

プレスラインでボカされたり

 

今回はボカシ目なしでしっかりと治してもらいますのでサイドルーフから

 

Aピラーまで再塗装して頂きました

 

保険アジャスターにもよりますが今回はオーナー様の理想の修理を最優先して頂きました

 

ドアもボカシが入ります

 

気分をリセットする為に全体的にフルコーティングとなりました

 

サーキットを走行されるオーナー様ボンネットにゼッケンの痕が。。。

 

前回もプロマックスエグゼでしたのでまだピカピカです

 

全体の再施工終了~

 

 

 

 

 

 

納車時にはーなー様にはとても喜んで頂けました

入念に磨き込んだ塗装はフラットに整えられ塗装本来の輝きを放ちます、その輝きを長持ちさせるのがガラスコーティングです、これからも素敵なカーライフをお楽しみくださいませ、この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きましてありがとうございます。