板金塗装しなくても凹みは治ります!BMW M3 デントリペア

東京都世田谷区のご近所にお住まいのオーナー様に原因不明のちょっとした凹みが出来てしまい見て欲しいとご来店頂きました、塗らないで治るならその方がいいに決まっています、お車を拝見させて頂いた所デントリペアのツールがしっかりと入れば裏側からキレイに押し出せそうです。

という事で日程調整後デントマイスターのHさんに来て頂きました20161106-bmw-m3-03

 

大きさは外側で測ります20161106-bmw-m3-02

 

さすがベテラン職人さん初めての車と言いつつも手際よくバラされていきます20161106-bmw-m3-04

 

ツールさえ入ればかなりのレベルで治してしまいます20161106-bmw-m3-05

 

凹みの場所は若干端気味で完璧にはツールが当てられないと言いつつも20161106-bmw-m3-06

 

着実に凹みは出されていきますが凹みの打撃点が白い点となって確認出来ますね20161106-bmw-m3-07

 

裏から凹みを出したり表から叩いたりとその技は見とれてしまいます20161106-bmw-m3-08

 

凹みは塗装の肌になじみ確認できなくなるレベルまで来ましたよ20161106-bmw-m3-09

 

デントマスターのHさん「磨きは得意でしょ!あと磨いといて!」「了~解っ!!」20161106-bmw-m3-10

 

如何でしょうか?20161106-bmw-m3-11

 

納車時にはオーナー様にはとても喜んで頂く事が出来ました20161106-bmw-m3-1

デントリペアは板金塗装をしなくてもキレイに早くリーズナブルに凹みを直す事が出来ますのでお勧めです。

これからも素敵なカーライフをお楽しみくださいませ、この度はBlueBottleをご利用頂きましてありがとうございます。

デントリペアでエクボもスッキリ!アウディ RS6 デントリペア

愛車リセット大作戦No5!ふとした時に気付くエクボ、コンビニやスーパー、大型ショッピングモールの駐車場はデンジャーゾーンですよ!子連れのお母様は隣の車より我が子にしか意識が無いので知らないうちにドアパンチ食らったりしますのでお気を付け下さいと言っても、受身なのでどうしようもありませんね!

RS6さんのデントリペアです!

クウォーターパネルのCピラーの付け根付近ゴルフボール位の大きさのエクボがあります20160211-audi-rs6-04

 

トランクからも工具が入らなかった為に引っ張ってパネルを持ち上げます20160211-audi-rs6-03

 

再塗装のパネルの為に作業の無理は禁物20160211-audi-rs6-05

 

一発で仕上げようとすると失敗する可能性があるのでゆっくりと仕上げます20160211-audi-rs6-06

 

引っ張り上げたら叩く20160211-audi-rs6-07

 

2回目の引っ張りです20160211-audi-rs6-08

 

また叩きます20160211-audi-rs6-09

 

3度目の引っ張り上げ20160211-audi-rs6-10

 

仕上げの叩きでパネルを整えます20160211-audi-rs6-11

 

エクボがどこにあったのかもう分からん!20160211-audi-rs6-12

 

再塗装のパネルだったので無理出来ないよと言われつつ仕上がりは上々20160211-audi-rs6-13

 

工具が入ればもっときれいに直せるんだけどな~っと職人さん20160211-audi-rs6-14

オーナー様に再塗装の為無理は出来なかった為に、完ぺきではないんですと伝えると

「全然分からないですよどこが凹んでいたんでしたっけ?」と、とても喜んでくださいました

RS6さんはヘッドライトとテールレンズのクリーニングへと作業は進みます!

BMW 318 ツーリング デントリペア 板金塗装しなくてもキレイに戻ります

こんばんわ

昨日は茨城県にある日本自動車研究所 城里テストコースに行ってまいりました!

DSC_0632新型車の発表試乗会に展示される車両の展示仕上げです
車が大きかったので疲れました~(疲)

先日の、ダイハツ ソニカ ガラスコーティング に続きまして
今日の施工事例は BMW 318 ツーリング デントリペアです

20140616-bmw-318-touring-01デントシステムとも呼ばれていますね、チョッとした凹みなら板金塗装をしなくても専用ツールを使い凹みを押し出してキレイにする事も出来るんです
左フロントフェンダー

 

20140616-bmw-318-touring-02右リアクォーターパネル、凹みの打撃点の塗装が剥がれてタッチアップされていました
凹みの大きさは、凹みの周囲で大きさを見ます

 

20140616-bmw-318-touring-03フロントフェンダーは純正ジャッキを使い車体をリフトさせインナーカーバーを外してツールを入れます

 

20140616-bmw-318-touring-06次第に凹みが戻って行きます

 

20140616-bmw-318-touring-07最終的にはここに凹みがあったんだよと言われても分からない位にまで修正できました

 

20140616-bmw-318-touring-08リアクォーターパネルは凹みも結構深めなのでどこまで戻るか

 

20140616-bmw-318-touring-09トランクから内装を外しツールを入れようとしたら鉄板が袋状に二重になっていた為、ツールは使用できず

 

20140616-bmw-318-touring-10ならば表側からホットボンドで引っ張り出しますまずは大きめのツールを使用

 

20140616-bmw-318-touring-11バッチーンと勢いよく引っ張り出します

 

20140616-bmw-318-touring-12この時タッチアップペイントは剥がれます!
20140616-bmw-318-touring-13もう一つ言うならば板金塗装がされているパネルの場合も、しっかりと足づけされていない塗装は剥がれてしまう事もございます、そして小さめのツール再度引っ張り出します

 

20140616-bmw-318-touring-14出過ぎた場合はハンマーでトントン叩いて平面に整えて

 

20140616-bmw-318-touring-15はいっ!出来上がり!
最後に塗装がはがれた部分はBlueBottleでタッチアップしておきました!

BMW 318 は車内清掃へと作業は続きます!

その他の施工事例は画像をクリック!
bmw-525-01mercedes-benz-e320-01mercedes-benz-c240-01

●●●Car Beauty PRO BlueBottle (カービューティープロ ブルーボトル)●●●●●●●●●

BlueBottleのホームページ
BlueBottleのブログ
BlueBottleのFacebook
お問い合わせフォー

BMW 320 デントリペア ナローボディーのE30

昨日のモーターショーの展示車両の磨きは無事終了しました!
観光バス、正面のオデコ部分の磨きの為、巨大脚立に乗って磨いたのですが無理な姿勢で磨いたので腰痛が再発してしまいました~。。。

先日の、トヨタ アリスト ガラスコーティングに続きまして
今日の施工事例は、BMW 320 デントリペアです。

20131120-bmw-320-02オーナー様が長年気になるヘコミがボンネットにありました。
職人さんH氏、”ここは一ヵ所に見えるけど、実は二ヵ所の凹みなんだよ”この凹みの判別がつかないとヘコ出しなんて治りません。この微妙なボディーの凹凸を見極める経験とノウハウが仕上がりに影響するんです。

 

20131120-bmw-320-04補修前の画像を間違って消去してしまったのがホントに残念でなりません。。。塗装の肌になじませた仕上がりです。

 

20131120-bmw-320-03H氏で出せない凹みは板金レベルのダメージで、その仕上がりは格別です!再塗装をしないので仕上がりは、オリジナルのままです!この技術は素晴らしいと思います、いつか修行に行かなくては・・・

 

20131120-bmw-320-01BMW 320 E30、最近はあまり見かけなくなりましたが、コンパクトでナローなボディーがいいですね~♪

これからも大切に安全運転で快適なカーライフをお楽しみくださいませ。

デントリペア施工料金については、お気軽にお問い合わせくださいませ。

次の施工事例は、ボルボ 240GL 中古車復活計画 プチレストアです!
お楽しみに~♪

その他の施工事例はこちらから
porsche-911-carrera-0820121107-honda-fit-0520121103-jaguar-xjr-07

●●● Car Beauty PRO BlueBottle (カービューティープロ ブルーボトル)●●●●●●●●●
Address : 東京都世田谷区深沢3-16-8
Tel   : 03-3702-1963
URL : http://bluebottle.jp/
Blog : http://bluebottle.jp/bluebottlog/
Mail  :  お問い合わせフォーム
Facebook : 「いいね!」をポチッとお願いします!お得な情報もGET出来ます

トヨタ ランドクルーザー デントリペア 短時間でキレイに直ります。

おはようございます、また雪ですね~
寒い朝となりました、あまり積もらない事を願ってます~

今日の施工事例はトヨタ ランド クルーザーのデントリペアです、千葉県在住のお客様です。
お車の後ろをぶつけられてしまい相手方の車両保険で補修となりました、それ以外の部分は実費補修となりました

20130206-landcruiser-prado-04テールゲートはこんな感じで凹んでしまいました、オリジナルの塗装を保つために、今回は板金塗装ではなくデントリペアにて補修いたします。デントリペアの作業はこの道ウン十年の大ベテランの職人さんに来て頂きます、「この人で出せなきゃ、よそでは出せない」と云われる職人さんです。

 

20130206-landcruiser-prado-05テールゲートの内装を外して作業します、職人さんは手際がいいのであっという間の作業ですキレイに凹みが直りました

 

20130206-landcruiser-prado-07助手席には結構大きな凹みがあります、この様な凹みになるとキレイに凹みを出すのはベテランの人でないと不可能です、それでも職人さんは「完璧に直すのは難しい状況」だと・・・

 

20130206-landcruiser-prado-08こちらも内装を外して作業します、車の鉄板とお友達の職人さんは特殊なライトを当てながら、凹みの状況を確認します

 

20130206-landcruiser-prado-09ほぼ分からない状況まで凹みを出しました

 

20130206-landcruiser-prado-10出過ぎた部分はハンマーで叩きながら戻して完了です!ここに凹みがありました!と言わないと分からないレベルまで補修できました

 

20130206-landcruiser-prado-01そして、一番の難関です、ルーフのサイド部分です、ここは木が倒れてきて凹んだ場所です、変則的に6か所の凹みが出来ていて、職人さん見た瞬間「ここは、原状復帰程度で完全には出せないよ」と・・・

 

20130206-landcruiser-prado-02この場所は”ホットボンド”と特殊なツールで引っ張り上げます。

 

20130206-landcruiser-prado-03引っ張り出したり、叩いたり、色々な作業を繰り返しても限界がありましたが、オーナー様にも喜んで頂ける事が出来ました。