カワサキ KZ 1000 MK.Ⅱ 磨き&ガラスコーティング

おはようございます
東京 世田谷、カービューティープロ ブルーボトルの境です。

関西地方で強い地震が発生したとのことで、皆様のご無事をお祈りしています。

今日の施工事例は、カワサキ KZ 1000MkⅡ磨き&ガラスコーティングです。

1978年から1980年にかけて製造販売していた総排気量1015 ccのオートバイです、もうオリジナルの外装が欠品してるんですね。

20130409-kawasaki-kz1000mark2-01燃料タンクが錆びてしまったので、SHOPオリジナルの燃料タンクに換装されています。10万円位するそうですが、この仕上げです???、これじゃ悲しすぎます。。。(怒!)

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-02またまたバフ目だらけです!せっかくのKZ 1000Mk.Ⅱがこんなタンクじゃ泣き入りますよね!光沢なんてありゃしない、ボケボケです。

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-03サイドカバーはオリジナルですが、30年以上も前のバイクですからキズだらけで光沢を失っています。

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-04テールカウルはオリジナルではないそうです、こちらもキズだらけ光沢を失っています。

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-05洗車後水気を切ってマスキングします。

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-06思っていたより塗装が柔らかかったのでキズは意外と落としやすかったです。光沢に深みが出ました。

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-07やっぱりタンクはこうでなければ・・・サイドから見てもバッチリでしょ!

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-08その他のパーツはプラスチック製なのであまり過度な磨きは厳禁なので無理のない範囲で光沢を上げていきます。CRキャブレターが似合います、もちろんエンジンもチューニング済みですよ!

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-09テールカウルも程良い加減になりました

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-10走行距離は15135マイルなので24000Km位でしょうか?メーターが正しければ。。。

 

20130409-kawasaki-kz1000mark2-11貴重な単車を磨く事が出来ていい経験をさせて頂きました。
PCX-S7 ガラスコーティングでしっかりとガードしておきましたので長期間光沢を維持する事が出来ます。仕事の関係でなかなか単車に乗れないようですがこれからも大切になさってください。

この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。

オートバイの磨き&コーティングはお問い合わせください。

その他の施工事例はこちらから
20130211-honda-cb400f-09kawasaki-z400fx-01kawasaki-gpz-400-01

●●● Car Beauty PRO BlueBottle (カービューティープロ ブルーボトル)●●●●●●●●●
Address : 東京都世田谷区深沢3-16-8
Tel   : 03-3702-1963
URL : http://bluebottle.jp/
Blog : http://bluebottle.jp/bluebottlog/
Mail  :  お問い合わせフォーム
Facebook : 「いいね!」をポチッとお願いします

ドゥカティ ストリートファイター ガラスコーティング フルパワー仕様です!

今週は寒い日が続くそうですね春が待ち遠しいです。

今日の施工事例は、ドゥカティ ストリートファイター ガラスコーティングです。

20130221-ducati-streetfighter-03コンピューターがフルパワー仕様に交換されているため怒涛の加速を味わえます!そしてサーキットで275Kmまで出す事が出来たそうです。

 

20130221-ducati-streetfighter-01ブレーキは最初からブレンボ!確実なストッピングパワーを発揮します。

 

20130221-ducati-streetfighter-02ドゥカティ伝統的のパイプで三角形を組んでいく”トレリスフレーム”のパイプは極太でした。

 

20130221-ducati-streetfighter-04チェーンスプロケットやホイール、テールカウル周辺はチェーングリスが飛び散っていますね、バイクはしょうがないです。

 

20130221-ducati-streetfighter-05キーシリンダーも汚れが溜まりやすい所です。

 

20130221-ducati-streetfighter-06ビキニカウルは小さめですが有るのと無いのとではサーキット走行で大きく違うそうです、ちょっとくすんでいるので磨いて艶々にします。

 

20130221-ducati-streetfighter-07磨きを行う前に養生の為、マスキングします。

 

20130221-ducati-streetfighter-09ファーストポリッシュから仕上げポリッシュまで全3行程です。

 

20130221-ducati-streetfighter-10光沢を取り戻した燃料タンクはラインがキレイに浮き出てきます。

 

20130221-ducati-streetfighter-11テールカウルもエッヂが効いています。

 

20130221-ducati-streetfighter-12ビキニカウルも光沢を取り戻しました。

 

20130221-ducati-streetfighter-14イタリアンデザインが一際目を引きます!鮮やかなパールホワイトのストリートファイター!実はこのバイクはお友達のバイクで、ちょっと試乗させて頂いたのですが、すぐにフロントタイヤが浮いてしまう危険なバイクでした(怖っ!)

バイクのコーティングもお気軽にご相談ください。

これからも大切になさってください、この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。

 

ドゥカティ モンスター 400 ガラスコーティング 人気のレッドフレームです

こんばんは
飼っている熱帯魚の水槽をいじっていたらリビングが水浸しになってしまいました。

今日の施工事例は ドゥカティ モンスター400 ガラスコーティングです。

ドゥカティモンスターは、現在のドゥカティのネイキッドタイプの主流車種であり、スポーツクラシック・シリーズが登場するまでは、近年のドゥカティでは唯一のネイキッドバイクでした。

20130213-ducati-monster400-06寒い中お越しいただきました、バイクのコーティングは汚れ落としに多くの時間を費やします、空冷フィンの間や

 

20130213-ducati-monster400-03リアサスペンションやスイングアーム周辺はチェーングリスや汚れがいっぱいです

 

20130213-ducati-monster400-01ホイールやブレーキ等の足回りもしつこい汚れが付着していて厄介ですが、一通り洗車をしてタンクを見ると・・・キズが目立ちますね。。。

 

20130213-ducati-monster400-02お客様よりタンクのステッカーを剥がして欲しいとのオーダーも頂きました

 

20130213-ducati-monster400-07マスキングをして準備完了

 

20130213-ducati-monster400-04一通り磨きが終わると鮮やかなイタリアンレッドが蘇ります

 

20130213-ducati-monster400-08テールカウルは深めのキズが残ってしまいました

 

20130213-ducati-monster400-09フロントフェンダーも艶が蘇り全体的にプレミアム感UP!です。

 

20130213-ducati-monster400-10スイングアーム周辺もスッキリしました

 

20130213-ducati-monster400-11ドゥカティ伝統といえる鋼管トレリスフレームは人気のレッドフレーム仕様で女性にも人気のあるモデルです

 

20130213-ducati-monster400-13ドゥカティが日本の免許制度に合わせて販売しました、排気量は下がってもしっかりとラテンの血を受け継いでおります

バイクのコーティングもお気軽にご相談ください。

これからも大切になさってください、この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。

 

ホンダ CB 400 Four オリジナル新品タンク ガラスコーティング

おはようございます
三連休はいかがお過ごしでしたか?

今日の施工事例は、ホンダ CB400Four のオリジナル新品タンクのコーティングです。

20130211-honda-cb400f-01年末にお客様が勢いで買った「ヨンフォア」・・・、排気量は408ccの大型自動二輪の免許がないと乗れないレアモデルです。お客様の所にヨンフォアを見に行った時、突如渡された段ボール・・・、そして一言・・・、「このタンク、当時物のオリジナル新品タンクなんだよね~、コーティングよろしく~!」

 

20130211-honda-cb400f-02しばしバイク談義のあと、車に積んでBlueBottleに持って帰りました、段ボールからタンクを取りだして改めてタンクを見ると、意外とブツやゴミが入っています、当時のクオリティーと現在のクオリティーの差を感じます

 

20130211-honda-cb400f-04タンクの裏は塗装が薄すぎ~(悲)、塗装吹いて着色しただけって感じでしょうかね~

 

20130211-honda-cb400f-08ちょっと色ボケしているので磨きを入れたいのですが・・・

 

20130211-honda-cb400f-09塗装が薄いので艶出しの研磨程度に抑えます

 

20130211-honda-cb400f-10“HONDA”の文字が光り輝くように~

 

20130211-honda-cb400f-11写真では伝わりずらいかもしれませんが光沢が出ました

 

20130211-honda-cb400f-12この頃からタンクのエンブレムがステッカーに変わってきたんですね~、こんな時でなければタンクの裏側なんてコーティング出来ないので、タンクの裏側もコーティングしておきました

バイクのコーティングもお気軽にご相談ください。

ヤマハ YZF R125 ガラスコーティング 逆輸入車です

東京オートサロン 2013は今日からですね魅力あふれる車がたくさん展示されますよ~
今年は時間が取れなくて行けそうにありません・・・

今日の施工事例は、ヤマハ YZF R125 ガラスコーティングです。

YZF-R125は、ヨーロッパでヤマハのYZF-Rシリーズで最小の125ccモデルとなるオートバイです、日本では正規販売されていませんが、業者による並行輸入が行われており購入は可能となっています。

20130109-yamaha-r125-11デザインとエンジンスペック共に本気度100%ですね~!
もちろん新車です、走行75Kmで入庫いただきました。

20130109-yamaha-r125-01でもそこはオートバイやっぱり汚れます、ホイールにはピッチタールやブレーキダスト

 

20130109-yamaha-r125-02グリスなども付着しております

 

20130109-yamaha-r125-03全体的にエッヂが効いたデザインですね

 

20130109-yamaha-r125-04並行輸入の為、コーションステッカーは何て書いてあるのか分からず、オーナー様より「何て書いてあるのかわからないので剥がして下さい」と申し付けられましたので(笑)

20130109-yamaha-r125-05ドライヤーで温めながらコーションステッカーを剥がしました、ノリの残りが凄いです、シリコンオフで除去します。

 

20130109-yamaha-r125-06その後は艶出しの磨きへ。。。

 

20130109-yamaha-r125-08新車以上の輝きになりました!これが塗装本来の輝き!

 

20130109-yamaha-r125-09昔じゃ考えられないデザインです

 

20130109-yamaha-r125-10ヤマハが長年熟成してきた軽量・高剛性なデルタボックス・フレームと、軽量な鋳造アルミニウム製スイングアームの組み合わせは、正統なヤマハ・スーパースポーツのセオリーに則ったもので、このクラスでも最強レベルのハンドリングを実現。

 

20130109-yamaha-r125-12125ccとは思えないスタイリングです!そのままサーキットに持ち込んでも違和感ありませんね

 

20130109-yamaha-r125-13フロントカウルにビルトインされたシャープなデザインの二眼ヘッドライト、薄くシャープに切れ上がったテールカウルにはLEDテールライトが組み込まれ、YZF-Rシリーズを継承したアグレッシブなスーパースポーツフォルムを実現しています。

クラス最高のパフォーマンスを産む専用エンジン4ストローク単気筒、水冷SOHC・4バルブエンジンは、フューエル・インジェクション(F.I.)により制御されています。

これからも大切に安全運転で快適なカーライフをお楽しみくださいませ。
この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。
ガラスコーティングのラインナップ、価格表はHPまで!