コーティングの5年保証とは?

※新車コーティングの5年保証とはどんな内容?

  1. コーティングの保証ではなく塗装面の光沢保障が大半です。
  2. 半年、又は1年でディーラーへの定期的な入庫を義務付てコーティングの点検、その時点で被膜に異常があれば有料のメンテナンスをしなければならない
  3. 風や酸性雨の災害があった場合は補償の対象外

お車はオーナ様の使用状況においてコンディションは様々なので、お客様に応じた施工メニューが大切だと思います。

「このコーティングは5年保証です!とか、5年持ちます!」というセールストークは、ガラスコーティングやポリマー加工、などに興味がある方ならば一度はお聞きになられた方もいらっしゃると思います。

実際お客様から保証についてのお問い合わせも頂きますが、漠然と「5年保証だとか5年持ちます」は何を5年保証で何が5年持つのか疑問になりますよね、その保証とはどのような内容なのかちゃんとした説明もなく、新車購入された場合にはセールスマンがお勧めしてくると思います。

時には新車購入の値引きを迫られた時に、新車購入金額の値引き交渉の場合に使われ、そして「5年保証とか5年持ちます」という説明・・・。基準はメーカーにより曖昧で塗装の光沢保証とか有料メンテナンスを受けていれば保証しますといった内容で、一度コーティング加工すれば5年間全く問題がないわけではなく、定期的な有料メンテナンスを受ける事によりその5年保証が継続され、その有料メンテナンスを受けなければ5年保証は失効するというケースもあります。

コーティングはそのユーザー様の駐車場の状況、使用環境、洗車方法等々いろいろな要因によりその効果の持続性が異なってくるのが現実です。そこに一概に「5年間保証します」は、ちょっと如何なものかと・・・。

コーティング皮膜は作られていても、汚れは少しずつ滞積してきますし、物理的に傷は付きますので、何でもかんでも大丈夫と言うわけではありません。何もせずほったらかしで月に一回の洗車と屋外駐車ではコーティング皮膜が施工時のような状態で5年も持つ事はほとんどの場合ありません。車の塗装はまめにメンテナンスをしていくことによって、より一層きれいな外観を保つことが出来るわけです。

このポルシェ カイエンは新車時にガラスコーティング(プロマックス)を施工しました、屋根付き駐車場で保管され、1年6ヶ月目です、ソリッドブラックなので雨染みも若干確認できましたが、日頃のメンテナンスに気を付けて頂ければ光沢も水弾きも満足頂いております。

※コーティングの5年保証とか6年保証っていったい何?

大体の場合、塗装の光沢保障という事になっています、コーティングの撥水効果や親水効果が5年間持続すると思いがちですが、あくまでも塗装の「光沢保障」が一般的です。では、その光沢保障はどういう状況になった時にどういう保証をしてくれるのか?

その多くは「著しく光沢が落ちた時」とありますがその「著しくの光沢が落ちた時」の基準は特に明記されていないのが現状です。もう一度保証内容をしっかりと確認してみてはいかがでしょうか。「5年保証」は1年毎の有料メンテナンスを絶対条件としており、実質1年保証です。
さらにコーティングの保障ではなく塗装の光沢の保障等となっているのが大半です。BlueBottleではこのような誤解を招くような保障やセールス方法は致しません。

※某〇〇ガラスコーティングの5年保証について

〇〇ガラスコーティングは、ボディーの光沢を5年間保証します。(樹脂部、ホイールを除く)。保証期間中にボディー表面の光沢に著しく劣化が見られた場合、無償にて補修することを保証します。ただし、保証を継続されるには、年1回ディーラーでの無料点検が必要で、毎年の点検を受けないと5年間保証が失効してしまいますのでご注意ください。

そして、そのコーティングの点検時にお車の1年点検整備を抱き合わせ、その他の整備で売り上げを上げる為の1年点検整備のリピート率の向上の為のコーティング5年保証です。

コーティングが5年持つなんてどこにも書いてありませ、ボディーの光沢が著しく劣化した場合に無償で補修するとありますが、具体的な基準は何処にも明記してありません。
コーティングの5年保証の継続には、年に一回ディーラーでの無料点検が必要とあります。要するにお車を一年点検に入庫させなさい!と言っているのと同じです。コーティングの点検は無料でしますけど、目視のみの場合がほとんどで。コーティングメンテナンス作業が必要な場合は有料作業となる場合が殆どです。

※コーティングの5年保証は全ての車が対象ではないんです。

新車登録時または新車登録後1か月以内のコーティング施工:5年保証
新車登録後1年以内のコーティング施工:3年保証
新車登録後3年以内のコーティング施工:2年保証
上記のような内容が殆どです。 新車登録から2年以上経過しているお車の場合、保証対象外であったり、施工できないという場合もありますのでよく内容を確認しましょう。

※保証の対象外事項(ここ大事!)

・取り扱い説明書の内容に沿ったメンテナンスがなされなかった場合
・事故等による外的損傷
・コーティングが施工された部位を交換、再塗装その他の方法により加工した場合
・ホイールおよび無塗装部の樹脂部分
・ピッチタール、鉄粉、ペイントミスト、水シミが付着した場合
・火災、地震、風、水害、落雷、火山噴火等の災害
・酸性雨、虫や動物の排泄物、樹液、花粉等の外的要因から水洗い等の措置を怠った場合
・公害、煙害等
・その他、人為的に塗装表面を強くこするような行為があった場合
・一年毎の指定点検期間内に点検を受けなかった場合
・お車を譲渡または廃車処分にした場合
・保証書を紛失した場合
とあります、中にはユーザー様に定期的なメンテナンスを義務化し、そのメンテナンスを怠った場合は保障の対象外となるケースもございますので、5年保証の内容をよく確認することをお勧めいたします。

※先日、某自動車メーカーの純正コーティングを新車購入時に施工されたユーザー様からご相談がございました、お車の色は黒のメタリックだそうです、せっかく高いコーティングをしたのに車がバフによる磨きキズだらけだったそうです、それではコーティング効果も半減以下です。担当セールスマンにその事を訴えても「お車の色が黒なのでバフ目はしょうがないんです」という返事が返ってきたそうです。
気の毒な話ですがバフ目を知らないコーティング屋さんも存在しますからこういった事が起こってしまうのです。

※どのくらいコーティング効果を体験することができるのか?

オーナー様のお車を保管されている状況やお車の使用頻度によってその効果を実感できるのは大きな差が生じてしまうのが現状です。

例えば、シャッター付きのガレージ保管のお車と青空駐車場保管のお車とでは、コーティング効果の持続性は大きな差が生じてしまいます。

そして、週末や休日にしか使用しないお車と、通勤や家族サービスと毎日フル活動されているお車とではコーティング効果の持続性は大きな差が生じてしまいます。

さらに、定期的に月に3回~4回洗車するお車と、2~3ヶ月間洗車されないお車とではコーティング効果の持続性は大きな差が生じてしまいます。

ただし、同じ使用状況下において定期的な洗車をしていれば、コーティングしたお車とコーティングをしていないお車とでは、車の光沢持続性や防汚性において、その効果の違いははっきりと体験していただけるはずです。

◆Car Wash(基本)>>
◆Car Wash(洗車・作業)>>
◆Car Wash(鉄粉除去編)>>
◆Car Wash(WAX塗布)>>
◆コーティングの5年保証とは?
◆プロ スマイリーグリーン エコプロジェクト>>
◆塗装の水性化と磨きについて>>

◆各種ボディーコーティング
◆コーティング ファーストクラス
◆コーティング ビジネスクラス
◆コーティング エコノミークラス
◆コーティング 新車コース

 

BLOG UPDETE