ポルシェ 911 カレラ 復活計画 スクラッチ除去磨き

風邪が流行ってるみたいですね~、手洗いとうがいを心がけましょうね

今日の施工事例は、ポルシェ 911 カレラ(993)バイオレットブルーメタリック ガラスコーティングです。
porsche-911-carrera-01空冷最後のモデルType993は、 キャビン周りに964型のシルエットを残しながら、太腿とも呼ばれたフロントフェンダーの峰を低くしヘッドライトを傾斜させる一方、ボンネット前端の高さを40mm上げ、さらにテールエンドのデザインも変更することで外観の印象は一新されました。

 

porsche-911-carrera-04塗装の状態はあまり良くなく、スクラッチキズが目立ちました、このスクラッチが車の美観を損ねます。

 

porsche-911carrera-03マスキングをしてから磨き作業に入ります。

 

porsche-911-carrera-05磨きの工程も多くなりますので時間も掛かります。

 

porsche-911-carrera-07ホイールに付着した鉄粉やピッチ&ダストの汚れ落としに時間が掛かります。

 

porsche-911-carrera-02内装は大型のメーターパネルがポルシェらしさが感じられます。

 

porsche-911-carrera-08ボディーコンディションが良くなく、作業時間が予定より掛かってしまいましたが、しっかりと磨き上げる事によりパリッと艶々になりました、バイオレットブルーメタリックは、キレイに磨きあがるといい色合いです。

これからも大切に安全運転で快適なカーライフをお楽しみくださいませ。
この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。
ガラスコーティングのラインナップ、価格表はHPまで!