投稿日:

バフ目って何?アストンマーチン DB9 ガラスコーティング

こんばんは
カービューティープロ ブルーボトルの境です

台風の接近で今日は雨が降ったり止んだりでしたが
少し涼しかったですね
お盆休みを控えて最後の一踏ん張りなので
体に優しい気候でした

本日ご紹介するお車は
アストンマーチン DB9 ガラスコーティングです

さっそくディテールチェックと行きましょう

ハイッ!

 

キレイです

 

ガレージ保管出し

 

雨の日乗らないし

 

キレイで当たり前ですね

 

こういうお車はブログ的にはつまらないんですよ~。。。(笑)

 

でも塗装は柔らかいので

 

洗車時に入ってしまうお傷が少々

 

それにしたって大したことありませんね

 

こういうお車は技術のない人が磨くと

 

ポリッシャーの回転傷やバフ目だらけにされてしまい

 

コーティングをする前より塗装の状態が悪くなってしまう場合もございます

 

バフ目って何?という人はこちらの画像をご覧になってください

 

しっかり磨くとこういった状態になるんです

 

塗りたての塗装のようにバフ目の無い状態

 

磨きでこの状態にまでもっていけば

 

いつまでも艶やかな状態を保ちます

 

細部もキレイになっていると

 

お車がビシッと締まります

 

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂く事が出来ました

この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きまして
誠にありがとうございます。

投稿日:

デリケートなお車なので アストンマーティン ヴァンテージ ガラスコーティング

こんばんは
カービューティープロ ブルーボトルの境です

いよいよゴールデンウィーク突入ですね!
皆様は大型連休はいかがお過ごしですか?
カービューティープロ ブルーボトルは
4月29日(日)~30日(月)
5月5日(土)~6日(日)
休業いたします

本日の施工事例はアストンマーティン ヴァンテージ ガラスコーティングです

個人的にアストンマーティン ヴァンテージはアストンマーティンのラインナップの中で一番好きなモデルです、ヴァンキッシュやDB9スタイリッシュですが、ショートホイールベースのヴァンテージはデザインがしっくりきます

ガレージ保管なのでキレイです

 

このジャンルのプレミアムカーは

 

あまり雑に扱われる事もないので

 

一度コーティングされると数年は磨きの必要がない程

 

エンジンはV8 4.7L始動時のサウンドは迫力ものです

 

塗装コンディションの個体差が大きいアストン マーティン

 

製造ラインでの磨きが甘い個体もございます

 

一度コーティング専門店でしっかりと磨きを入れて

 

本来の美しさを引き出してみると

 

アストンマーティンの魅力倍増です

 

今回ご入庫頂いたヴァンテージさんはアストンの中でも

 

Good!なコンディションでした

 

アストンに限った事ではありませんが

 

塗装もデリケートなので

 

一つ一つの工程の正確さが大切です

 

無理な傷追いの磨きは行いません

 

光沢を追求するのみ

 

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂く事が出来ました

アストン マーティンのガラスコーティングもお任せ下さい!
この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用いただきまして
ありがとうございました。

投稿日:

製造ラインの磨きの粗さを直します!アストンマーチン ヴァンキッシュ ガラスコーティング

アストンマーチン(アストンマーティン)は1913年に創業し、100年を超える歳月の中で生産された車の数はおよそ9万台だそうです
トヨタ自動車であれば、ほんの数日で製造できる台数を、丁寧に一台一台ハンドメイドで仕上げられ、生産された車はまさに珠玉の芸術品と言ってもいいような車ばかりで現在も全生産台数のうちの95%は今も現存しているそうです。アストンマーチンの最高峰であるヴァンキッシュのガラスコーティングです

オーナー様より光の加減で車の塗装に変な部分があるとの事でご入庫いただきました

お車自体は汚れを探す方が難しいくらいキレイです

 

 

ですが塗装の状態がよろしくありません

 

塗装の変な部分というのは製造ラインで塗装後に塗装を磨くのですが

 

サンダーで磨いた時のサンダー目が消し切れていません

 

3000万オーバーの車としてはとても残念なので

 

しっかりと磨き上げて塗装を整えさせていただきます

 

リスクの高い磨きですマスキングはしっかりと行います

 

アストンマーチンとして最高の輝きを放ってほしい

 

本当なら製造時にこのようなサンダー目は消すのが普通なのですが

 

どうしちゃったんですかね?

 

ディテール部のクリーニングもぬかりなく行いました

 

磨き過ぎないように丁寧にサンダー目を消しました

 

曇り一つない輝きはオーラを纏います

 

お客様には車と一緒に輝いていて欲しいです

 

磨きで整えられた塗装は平滑化されて

 

美しい光沢を放ちます

 

アストンマーチンらしく美しく生まれ変わりました

 

内装も極上ですシートに座り込めばその違いがすぐ気づきます

 

メーターディスプレイはアストンらしくタコメーターは反時計回り

 

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂けました

 

入念に磨き込んだ塗装はフラットに整えられ塗装本来の輝きを放ちます、その輝きを長持ちさせるのがガラスコーティングです、これからも素敵なカーライフをお楽しみくださいませ

この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きましてありがとうございます

投稿日:

新車時の磨き傷と雨染みの除去!アストンマーチン ヴァンテージ ガラスコーティング

アストンマーチン ヴァンテージはデザインが痺れますね~
ガレージ保管なので基本的にはキレイですが、徐々に雨染みが付着したり洗車傷が入ってきて塗装が曇ってきます

ディテール部は問題ありませんね

 

 

 

 

何か当たったんでしょうか塗装が剥がれています

 

薄っすらと雨染みやら洗車傷やら。。。

 

 

 

これは新車時の磨き傷ですね

 

スッキリと磨きあがりました

 

トロ~ンとして甘々です!

 

 

 

外で見るとこんな感じ

 

 

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂けました

しっかりと磨き込んだ塗装はフラットに整えられ塗装本来の輝きを放ちます、その輝きを長持ちさせるのがガラスコーティングです、これからも素敵なカーライフをお楽しみくださいませ、この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きましてありがとうございます。[divider]

投稿日:

アストンマーチン DB9 ヴォランテ ガラスコーティング 気品溢れるモーニングフロスト

こんにちわ!

7月25日(金)26日(土)は地元深沢の盆踊りがございまして
準備運営の為、14:00で閉店いたします。

さて、先日のトヨタ ハリアー ガラスコーティングに続きまして
本日の施工事例は、アストンマーチン DB9 ボディーコーティングです!
20140725-astonmartin-db9-02
以前入庫頂いてから1年半ちょい経過していますが基本的に雨の日乗らないガレージ保管の完全趣味的なお車!

 

20140725-astonmartin-db9-04
キレイ過ぎてBlog的にはつまんない

 

20140725-astonmartin-db9-05
エクステリアのアクセサリーがオシャレです♪

 

20140725-astonmartin-db9-03
ボディーカラーはモーニングフロスト深みのあるパールホワイトです

 

20140725-astonmartin-db9-06
ホイールのデザインも美しい

 

20140725-astonmartin-db9-01
一つ一つのパーツのデザインは美しく、その融合がアストンマーチンとなります

この度はBlueBottleをご利用頂きましてありがとうございます

[divider]
投稿日:

アストン マーチン DB9 ガラスコーティング 太陽の神の象徴

こんばんは
今朝の朝食のデザートはチチヤス ヨーグルトでした!何だかとっても懐かしい味がしました~♪

アストンマーチン DB9 ヴォランテ モーニング フロスト ガラスコーティングです。

20121129-astonmartin-db9-01伝統のフロントグリルはアストンマーチンのアイデンティティですね!

 

20121129-astonmartin-db9-13DB9はDB7の後継車種であり、車両サイズではV8ヴァンテージとV12ヴァンキッシュの中間に位置します。 

 

20121129-astonmartin-db9-02V型12気筒DOHC 5.9Lのエンジンは470bhp/600Nmを発生します。

 


20121129-astonmartin-db9-03DB9の技術的ハイライトは、アルミ押し出し材を主体とし、プレスまたは鋳造したアルミ部材、さらには複合素材、マグネシウム材を使用し、アストンマーチン独自のボンド接着アルミスペースフレームのVHプラットフォーム(Vertical Horizontal Platform)を採用したことにより、車体の軽量化と高いボディ剛性を実現している。

 

20121129-astonmartin-db9-07ボディーラインを崩さないようにボディーに隠されたドアハンドルを引いてドアを開けます

 

20121129-astonmartin-db9-05他のアストンも同様ですがタコメーターの針が反時計回りに動きます、慣れないと何か不思議な感覚です。

 

20121129-astonmartin-db9-04

トルコンの変速はセンターコンソール上部のボタンかステアリングのパドルで行います、従来のようなシフトレバーがないのが特徴的ですね。

 

20121129-astonmartin-db9-10外観は上品なモーニングフロスト(パールホワイト)が印象的です、パールの粒子が非常に細かく一見ソリッドカラーと見間違えそうです。

 

20121129-astonmartin-db9-06アストンマーチンのエンブレムは、古代エジプトで太陽の神の象徴とされたスカラベの羽がモチーフとなっています。

20121129-astonmartin-db9-09空力がよさそうで・・・ヘッドライトのデザインや

 

20121129-astonmartin-db9-08ドアミラーもそれぞれスタイリッシュで格好いいですね~

 

20121129-astonmartin-db9-11サイドダクトやウィンカーもデザインが抜群です、適正な箇所に最適な素材を使っているからこそ生まれるプレミアム感は、イギリス車ならではですね!

 

20121129-astonmartin-db9-1419インチ・アルミホイールは迫力があるだけではなくデザインもいいですね~、ブレーキはフロント 355mm、リア330mm の大径ベンチレーテッドディスクにモノブロックの 4 ピストンキャリパーでハイパワーを受け止めてくれます、もちろんホイールもコーティング済みです

 

20121129-astonmartin-db9-12一つ一つ使っているパーツやデザインの融合はまさに「走る芸術品」です、これからも大切に安全運転で快適なカーライフをお楽しみくださいませ、

この度はブルーボトルをご利用いただきましてありがとうございました。[divider]