Posted on

ネオクラッシックの限定車 ジャガー XJ-S ル・マン ガラスコーティング

本格的なクラッシックカーは維持が大変ですが、ネオクラッシックカーはそこまでハードルは高くないですね、ですが完璧なコンディションとなると最低でも新車の国産車が買える位のメンテナンス費用が最初に掛かることは覚悟しなくてはなりません

こんばんは
カービューティープロ ブルーボトルの境です

本日ご紹介するお車は、ジャガー XJS ル・マン ガラスコーティングです
オーナー様は7年ぶりにガレージから引っ張り出したジャガー XJSは最初はエンジンがかからず、快調に乗るためのメンテナンス費用に新車の軽自動車が買える程の費用が掛かってしまいました

オリジナルの美しさの魅力を永く保ちたいという事で
しっかりと磨いてガラスコーティングのご依頼でご入庫頂きました

ディテールチェック

結構キレイ目なメッシュホイールですこのタイプのホイールは汚れが蓄積されているとクリーニングが困難です

ドア内の汚れは酷くはないですね


V型12気筒エンジン、最高出力300PS/5,350rpm、最大トルク48.4kgm/2,850rpmを発生します

これぞエンジンルームといった感じですね
見せるエンジンです、今ではプラスチックのカバーが掛かっている車が当たり前になってしまいました

マスキング

前回は他店でガラスコーティングをされたそうなのですが
今回は弊社をご指名頂きました

仕上げ

1990年、ル・マン24時間レース優勝を記念した限定モデル「XJ-Sル・マン」が発表されました
パイピングレザーをあしらった豪華な内装やサイドシルのロゴなどが通常モデルと異なります

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂く事が出来ました
この度は、カービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きまして
誠にありがとうございます。