メーカーPDIの磨きをリセットします 新車 ロータス エヴォーラ GT410 ガラスコーティング

輸入車の多くはメーカーのPDIで日本向けに厳しいチェックを行い輸出をしますが、日本に来てからもPDIでチェックをしてダメ出しを行います、この時点で新車でも8割近くが不具合のある部分を磨いたり塗り直したりして各販売拠店に搬送されてきます、そして販売拠点でもチェックをして納車整備をしてからオーナー様の手元へ届きます。

こんばんは、カービューティープロ ブルーボトルの境です

本日ご紹介するお車は、ロータス エヴォーラ GT410 スポーツのガラスコーティングです

新車でも塗装の不具合色々あります

輸入車に限らず新車はPDIでチェックを行い、塗装のブツ取りを行い磨きを行うのですがその磨きがダメなんですね、チェックする台数が多いのでしょうがないのですが、そのままではイケていないのでブルーボトルでキレイに磨きなおします

ディテールチェック


メーカーPDIでの磨き

ボンネット

ルーフ

テールゲート

傷取りの磨きでバフ目が残っていますね

ブツ取りの跡

ブツ取りはペーパー掛けをしてミニポリッシャーで磨きますのでスポット的なバフ目が残ります

マスキング


磨きと仕上げ

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂く事が出来ました

今度は、カービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きまして
誠にありがとうございます。