ポルシェ 911 カレラ (993)ガラスコーティング 程度のいい空冷ポルシェは希少です

今日はお天気でしたけど気温が冷たかったですね
コロナウイルスの感染拡大に伴い緊急事態宣言も出されているので
外食は昼夜問わず行っていません
娘の誕生日が近いのでお取り寄せで美味しい物を探しています

不動の人気の空冷ポルシェ一時期よりかはお値段も落ち着いた感はありますがそれでもまだ高値で売買がされていますね

正直もう古いのでオーナーが何人も変わっていたり、その度に中古車屋さんで商品車仕上げで磨かれて、オーナーが変わる度に納車コーティングをされて磨かれてを繰り返し塗装が薄くなっている個体も多いです

ソリッドカラーは下地が出てしまい、メタリックカラーはクリアーが抜けてしまっていたりと、オリジナル塗装自体の劣化もありますし、必ずしもオリジナル塗装が良い車という判断基準にはなりませんので空冷ポルシェのご購入を検討されている方はよく考慮してくださいね
それでもこちらのカレラさんは良い個体でした!

本日ご紹介するお車は、ポルシェ 911 カレラ(993)ガラスコーティングです

ガーズレッドのカレラさんは東京都大田区よりお越し頂きました

空冷ポルシェでも993は低音の効いたエンジンサウンドで空冷エンジンの魅力たっぷりです

ストーンガードは張替え時期ですね

フロントフェンダーと運所ドアの隙間には汚れがたっぷり溜まりやすいです

アウターハンドルの付け根も同様です

何回かは磨きとコーティングがされている個体ですが月日の流れで汚れも蓄積されてきます

ディテールクリーニング後

ディテールクリーニングは細部の精密洗車の事でコーティング作業の中でもとても大切な作業です
単なる洗車と違い手間と時間の掛かる作業です

マスキング

コーティングは単なる洗車ではありません、車を磨くという行為はリスクを伴うため
塗装の薄い尖ったプレスラインやドアエッヂやパネルエッヂ等の継ぎ目部分にはマスキングをして車の塗装を守ります

マスキングは手間も時間も経費も掛かる面倒くさい作業ですその面倒くさい大切なマスキングをしていないコーティングショップはマスキングを行っていない事実が不都合なため必然的にマスキングを施工した車の画像をブログで載せることが出来ません

キレイな方だと思いますがちょっと白ボケしていますね

磨き&ガラスコーティング後

ボンネットに数か所の異変が・・・

タッチアップペイントをされた箇所を部分的に磨かれていてうっすらと下地が透けています

ご納車時にはオーナー様にとても喜んで頂く事が出来ました

ブルーボトルではお客様が笑顔になれるサービスを心掛けています
新車、経年車、国産車、輸入車問わずガラスコーティングや車内クリーニング等、大型のコーティング量販店による大量生産コーティングでは満足できない方はお気軽にご相談頂けたら幸いでございます

この度はカービューティープロ ブルーボトルをご利用頂きまして誠にありがとうございます。